「時計職人が起業したいと思ったら…」——「手首件汇」第一期

「昔、昔、今のドイツの時計業の重要な基地であるサックソンのゲーラソーティタウンは、かつて貧しかった町だったとは、想像できませんでした。ある日、一人の時計師がやってきて、町全体の運命が一変しました。私たちの物語はここから始まります。
物語の主人公はとりあえず彼を腕と呼びましょう。彼は私が描いた架空の人物で、彼を三阿四とも呼ぶことができます。これらは重要ではありません。重要なのは、私と一緒に腕に従って、その年のゲーラの蘇蒂小鎮の発生したストーリを見に行きます。
1845年、貧しいエルツ山地地区に、ドレスデンの南にある小さな町、ゲーラ苏蒂鎮があります。その時の空はまだ薄暗いままで、目を細めていると灰色の霧が見えてきます。遠くを眺めると、ぼんやりと廃棄された銀の鉱や泥濘のようなガチョウの水たまりが目の前に迫ってきて、つるつるした木の枝や枯れ草で、目と場所には少しの破敗の意が表れています。
腕とは、このような悪い環境に住んでいる普通の少年で、彼は荒涼とした道のそばに座って、黙々として子供たちと藁を編んでいます。時々また頭を上げて遠くを眺めてみます。
藁を手のひらでこすりながら、彼の余光は靴をすって出た足の指を見て、ため息をついて、藁を置いて頭を上げて太陽の方向を見ていました。

カテゴリー: スーパーコピー時計情報 パーマリンク