グレーは言いたくないので、青いはの憂鬱だです

LauraLan藍思晴 《大きい寫の蘿菈》編集長の中国語は有名な時計の真珠や宝石の論説家を閉じ込めて、もっぱら精密な機械の時計は鑑賞して、真珠や宝石、生活、文化と芸術などの各領域に対して全て非常に優れている見解をも持っています。《引いて力の仕事部屋を考える》が専門の文書の立案、顧問、に従事して仕事を講習するのを創設します。

2018年末にフランスのパリのオーストリア栓美術館はピカソの青いと薔薇色の時期に特に展を展示して、2019年に移動してバーゼルまで(に)5月26日まで引き続き展示します。

1924年に舞台スーパーコピー時計劇《青い列車》はフランスのパリで上映して、これが劇本人を出すのはシャネルのから自らその設計の舞台衣装なだけではなくて、甚だしきに至っては踊る米がまた(まだ)ピカソを使って1922年に制作する《二人の砂浜の上で駆け回る女子》が再現して、本来のサイズを32.5×41.1センチメートルの原作にしかなくて、大きくして6.78*8メートルのダンスのテーブル・クロスの幕になって、この原画は今バーゼルのまで(に)《Picasso.に移動します Bleu etRose》は特に展の中で展示します。

カテゴリー: スーパーコピー時計情報 パーマリンク