相手の腕時計がどうして修理・整備するかが好きです

1.相手の腕時計が必ずいつも乾燥しているのが好きなことを保証しなければなりません。もしもうっかり水まで(に)つけて、乾燥しているのが柔軟だで水の木綿を吸い込んで、木綿に十分に腕時計の上の水を全部吸い込ませます。

2.相手の腕時計の腕時計のバンドがしみ込みやすいのが好きで、だから油脂あるいは化粧品と接触するのを免れます。

3.使って相手の腕時計が好きな時、水と接触することはできなくて、同じく強烈に震動することはできなくて、チップを壊さないようにして、実用寿命に影響して、たとえ水を防ぐ腕時計だとしても、見るだのはどんな防水の等級です。

4.3―5年ごとに相手の腕時計が一回の機械全部をして補修するのが好きなのを、2週間はぜんまいを少し締めます。

カテゴリー: スーパーコピー時計情報 パーマリンク