モーラ――ドイツの腕時計の人を魅惑する場所

ドイツの表を作成する歴史はとても悠久で、どのくらい悠久ですか?第1枚の懐中時計便はドイツニュルンベルクで誕生したのです。私達はたまに雑誌上でドイツの腕時計の紹介に対して関係するのを見て、ドイツがどのように実用的なことにかまけて設計が精巧だで消費者に歓心を買いたくないをの表すと言って、しばらくこのような評論するのが独に対して表す素晴らしいだのが本当にこのように、しかし事実をけなすのが分かりませんか?小さく今日を編んで独ために表して名を直しに来ます。

ドイツの歴史の上で数回の戦争の痛みをしばしば経験するため、時計の地位がとっくに平和的勃興のスイスに越えられたのが多すぎます。ただ90年代だけまで、ランゲの第4世代の継承者のワルター・ランゲ(WalterLange)はやっとVDOグループの君の特・布と呂とLane(GラnterBlラmlein)に改めてランゲの腕時計のブランドを登録するように説得して、ドイツはやっと表してここから始まって、今日例えばランゲ(aのようだ一連の代表のドイツのきんでている時計のブランド、が現れたのを知っています.lange&sohne)、格拉蘇蒂(Glashutte)、nomos、格拉蘇蒂・モーラ(Muehle―Glashuette)、NOMOSなど、あのドイツは表してめでたい時計と一体どのような違いがありますか?万が世界を表すのが小さく編んで今日チップの風格の上でみんなのために解く惑います。

カテゴリー: スーパーコピー時計情報 パーマリンク