ロンジンの腕時計はどうして修理・整備するべきです

1.とても長いのを放置してあるいはとても長いロンジンの腕時計を一時停止して、まずする事は改めてぜんまいをしっかり付けるで、それから修正した時間以降にまた使います。

2.それともロンジンの腕時計の表面硬度はとても強くて、しかし決してできない裂け目を代表しなくて、どんな材質の腕時計、すべて裂け目を免れなければならなくて、腕時計と鍵を刺し連ねてひとつで置かないでください。

3.ロンジンの腕時計の中の部品は精密でまた小さくて、使用の時ぶつかりを禁止して、たとえばテーブルと椅子の角は行って、部品がゆとりがありを防止する、ガラス面が決裂する、時間が許さない、甚だしきに至っては内部ブランド時計コピーの部品を壊します。

4.できるだけロンジンの腕時計をつけて水に接触しないようにして、たとえ水を防いだとしても、腕時計の内部のをも摩耗しやすくて水の波紋を防ぎます。

5.ロンジンの腕時計は室の暖かい5―35の度の内で、正確で、安定的に仕事、しかしもしも温度は過大に低すぎて、でも腕時計の正確性に影響します。だからできるだけロンジンの腕時計をつけて火元が間近でないようにします。

カテゴリー: スーパーコピー時計情報 パーマリンク