もし100万円をあげたら、車と時計はどう買いますか?

生活はいつも私のような手に力のない若者に手を下す。「貧しい車遊び、遊びの腕時計、無産階級はコンピュータを遊びます」と言います。平凡なプロレタリアコンピューターのダメな人間として、恥ずかしい限りです。金匙をくわえて生まれた「老銭児」にならなくても、せめて夢を抱くことはできないだろう。暇な時に腕時計の家を通って、好きで買えない腕時計を見て、頭の中に突然「もし」という問題が現れました。

もし、ここに100万の現金の支配権があるとしたら、車と腕時計を買うしかないですが、どうやって選択しますか?あなたなら、どう選びますか?みんなを歓迎して各自の観点を分かち合って、しかしバーの精を拒絶して、いっしょに文明の調和がとれている社会を創造します。

カテゴリー: スーパーコピー時計情報 パーマリンク