腕時計の並び方

腕時計の振れは偏光ともいい、通称びっこ、足上げ振子といい、定義的には「振れ」とは、車輪が静止している時に、輪の円盤くぎが縦系の中心線から外れているため、スイングが振動している時に左と右の振れ幅が一致せず、一方が大きく、一方が小さく、聞こえてくる時の表音も大きいです。

腕時計の振れは主に腕時計の自動発振性能に影響します。腕時計は止まってから弦をかけます。ねじをたくさん巻く必要があります。腕時計は動き始めます。他の力の揺れを借りて歩かなければなりません。

円盤の上に円盤の釘(衝撃釘ともいいます)を置くには、正確または正確な取り付けの方向が必要です。腕時計のズレが起こらないようにします。これは腕時計を組み立てる時に、二重円盤の位置付けが必要ですが、大体の位置しか確保できません。正確な補正は遊線の方向の調整にも依存します。

遊糸には内杭と外杭があります。つまり遊糸内、外両端の固定点があります。それらの一つを調整して、円盤のピンの位置を移動させます。以前の機械式腕時計は全部「死外杭」(現在の機械目覚まし時計を含む)で、つまり遊糸外端の固定点が一番仕切板の上にあるので、移動できませんでした。ですから、その時は腕時計がたくさん置いてあります。調整する時にはサイクリングを外して、遊糸内の杭を回転して、よくないです。量を調整するのも制御しにくいです。分解したり、分解したり、何回も繰り返してこそ学校がよくなります。面倒くさいです。

今の腕時計は全部可動杭です。回転できるので、補正が簡単になります。反対に、今は腕時計の中の杭はほとんど三角型になっています。欠けていないし、回転もできません。調整する時は常にメーターに依存し、計器の記録線や表示ミリ秒数を見て偏りの程度を判断します。装置がないと経験に頼ることができます。ホイールが静止している自由な状態で、縦フォークの相対位置をよく観察すると、杭の向きと調整量が判断できます。

カテゴリー: スーパーコピー時計情報 パーマリンク