故宮の秘蔵表は銅メッキで鐘を転がす

この時計は時計そのものの重力を動力として歯車を動かして回るバネのない機械時計です。

全体の時計体は外の時計の殻と中のムーブメントからなります。時計の殻の中心部に固定の小輪が取り付けられていて、芯内の偏心輪とかみ合っています。これは時計とムーブメントの唯一の接触点です。シャーシの芯の2つのプレートの左の後ろに、おもりが取り付けられています。鐘が傾角10°の坂の上に置かれると、鐘の殻が重力によって下に転がり始め、中心の小輪が回転します。ムーブメントはおもりの作用でそのままの状態を維持し続けています。鐘の殻と中心の小輪と同期しないで運行しています。これによって、ムーブメントの中の偏心輪は相対的な静止状態を維持しています。中心小輪と偏心輪という静かな動きの源として、動機芯のあるギアシステムが作動し、時計の動力源問題を巧みに解決しました。neeu

坂の板の長い55 cm、時計を転がしてこの距離を歩き終わるのはちょうど24時間で、時計を転がして坂のどの位置になるのに関わらず、ムーブメントの状態は不変で、つまり文字盤の上で12時と6時の位置はいつも垂直方向を維持します。時計の殻の外で板挟みのへりは小さい歯があって、時計の体と坂の板の摩擦力を増加して、時計の体が均等に速く滑り降りることを保証します。

カテゴリー: スーパーコピー時計情報 パーマリンク