どうして私はみんなに国内で贅沢品を買うように勧めますか?

先日、AP皇室のオークとOrisの65復刻(ウサギの組織のウサギの粉の団購のため、すでに手に入れたのはもちろん狂暴な日焼け図を誘発しません)を大々的に議論しました。潜水の泡が噴き出しています。一つ一つが心を動かされています。分かります。

その時ちょうど昼食の時、上海ウサギの粉AlphaLeeは黙々として1つの口もとの残る飯粒を拭いて、炎天下を突いて地下鉄駅に突入して、20分後に南京西路のロレックスの店に着いて、直接に41の灰色の顔の日記型を注文します。「当時はポパーの五十_を手にしていました。ロレックスを箱に入れました。地下鉄に乗る勇気がなくて、車で会社に帰りました。」AlphaLeeは言った。

このDJの公価は71900元で、店舗は5%割引しました。最終的にはAlphaLeeは68000元を使いました。この価格が出ると、多くの時計商から「どうしても比べられないです。安く買えます。」

長い間、国内の店舗で時計を買う行為は、多くの時計商に「馬鹿」と思われていました。これもなぜ中国で注文したのかというと、価格の差に敏感なので、この業界の繁栄を促しました。しかし、すべての人がお金だけを持って買い物の価値を測るというわけではありません。

国内で多くお金を使って、私達は一体何を得られますか?

この話題は2年前に変えても、書く勇気がありません。自分でも国内で時計を買う人がいないので、どこから来たのかおすすめですか?昨年9月に国内のロレックス店舗でウサギを手に入れたというならば、(やはり爆発で買えば儲かるので、あまり説得力がないです。)まだ典型的ではないです。8月に北京の源邸で百達飛麗女装オウムの7018を買い終えたら、そろそろチャンスが到来すると思います。

カテゴリー: スーパーコピー時計情報 パーマリンク