光動エネルギー電波計

光エネルギー電波計は、光さえあればエネルギーがあり、電波を受信すればいつまでも誤差がない。シチズン電波時計は全部光エネルギー技術を使って、あらゆる可視光源をエネルギーとして駆動します。恒久の動力、自動管理、着用者のために全方位の便利さを提供しています。シチズンは日本で初めて開発の電波時計に力を入れる会社です。この分野のリーダーです。

機能原理

電波時計は、腕時計に内蔵された電波受信機やアンテナを介して、送信塔から「標準時間」の電波を受信し、時刻カレンダーなどのデータを取得します。

腕時計の時間と日付を自動補正します。スタンダードタイムの電波は高精度セシウムの原子腕時計の理論を採用しています。10万年の誤差は一秒です。

国の授時センターの民間標準時間電波塔は河南の商丘にあり、信号の範囲は新疆、チベットを除く中国の大部分の地域をカバーしています。朝鮮、韓国、日本の西部にも電波が届きます。現在はアメリカ、ドイツ、日本などにも電波塔があります。[1]

世界の多局電波を受信する機能を持つ電波時計で、異なる国の電波塔から電波を受信し、自動時差変換を実現します。着用者は中国、アメリカ、ヨーロッパ、日本のいずれにおいても、現地の標準時を表す城市の名称を選ぶだけで、自動的に現地の電波を受信し、時間を校正して、着用者を安心させます。

光エネルギー節電機能

腕時計を暗い環境に置くと、節電機能が起動し、駆動回路と指針が運行を停止し、電気エネルギーを節約し、ギアと部品の磨耗を減らす。ムーブメントの型番によって違います。フル充電後、暗闇の中で何ヶ月から10年まで運行しています。腕時計が再び光に触れたら、時間表示で現在の正常な時間に追いつくことができます。

カテゴリー: スーパーコピー時計情報 パーマリンク