どうして私はみんなが国内で贅沢品を買うことを提案しますか?

先日、グループでは、APのロイヤルとオリアの65回の復刻(ウサギが組織したウサギの粉を買って、すでに手に入れたのは当たり前のことがありません)、ダイビングの泡のように、一つ一つに打たれている心を、皆は知っています。

当時の昼食時には、上海のウサギの粉アルトは、黙って口の中に残った食事の粒を塗って、強い日に地下鉄の駅に乗り込み、20分後に南京西路ロレックス店に行って、直接1枚41の灰面日記型になりました。「当時、手の上には、宝石五十五回もかけていました。ロレックスを全部箱に入れて、地下鉄に乗れなくなって、会社に帰りました。」アルフォリアが言う。

このDJ公価は729元で、店舗は95割引になっており、最終的にはアルフォリアが6800元余りを使った。この価格が出てくると、「いくらも値切っていない。安く買うことができるのが少なくない」という議論が少なくない。

長い間、国内の店舗で時計を買う行為は、「バカ」と言われています。これは、なぜ中国での買い付けができるのかということで、差価に対する敏感性がこの業界の繁栄を生んだからです。しかし、すべての人が「お金」という唯一の要素だけを持ってショッピングの価値をはかるわけではない。

それでは、国内で多くのお金を使って、私たちは一体何を得ることができますか?

この話は2年前になって、私も書きません。自分がすべて国内で時計を買っていない人の底の気持ちを皆さんにアドバイスしてくれますか?去年9月にウサギが国内のロレックスの店で手に入れたことがあるとしたら、それはあまりにもあまりにも説得力がないということで、8月に北京の源邸で百達津麗女金オウムを買いました。

カテゴリー: スーパーコピー時計情報 パーマリンク