ブレゲの初の腕時計の誕生の200周年紀念展は6月3日~6月に18日北京試合は特に催します

ブレゲの初の腕時計の誕生の200周年紀念展は6月3日~6月に18日北京試合は特に催します
2012年6月3日~6月18日の時にBreguet(ブレゲ)は北京賽特購物中心で展覧を催します。今回の展覧は表を作成する歴史の上で祝賀ブレゲ初の腕時計の誕生を200周年目指します。
ブレゲの初の腕時計の誕生の200周年紀念展は北京試合で特に催します
1810年、おじさんはめったにない・ルイ・ブレゲを引き延ばしてナポレオンのはらからの妹を受けて、ナポリの王妃のka洛琳・ミューラーは頼んで、1モデルの腕輪式の腕時計を制定して、そして1812年に交付します。同時に、ブレゲもこの機会を利用して“ナポリの皇后のシリーズ”の登場10周年を祝います。
その時ナポリの王妃のka洛琳・ミューラーはブレゲの製造した時に対して計算して夢中になって、その卓群の時計の製品でないに説得させられて、1805から1814まで年、彼女はブレゲの買う時計に34件おりないで、その中はこのめったにない初の腕時計を含みます。ka洛琳・ミューラーのその時注文して作らせたこの通し番号は2639腕時計のために今なお行方が分からないで、いかなる個人あるいは公共の収集中でその影が見つかりがなくて、しかしブレゲの博物館の書類の中で、私達じっくりと味わうことができて、行ってゆっくりとこの腕時計の感動させる伝説を探求します。

カテゴリー: スーパーコピー時計情報 パーマリンク