細部に会いできる品鉴オーデマピゲ側ロイヤルオーク黒セラミック万年暦

セラミック抜群の防吹き耐摩耗性能に耐えることができて、そして高温と熱衝撃を持って、強力な抗老化能力も、非常に向いて製造素材の腕時計。しかし、そのために手作りの装飾は、非常に高い処理難しいので、普通より金属加工により困難かもしれないが、これもセラミックならことができない腕時計ケース主流材質優先の原由、加工コストより高い。
セラミックで行うべき腕時計で、所属オーデマピゲのロイヤルオーク最もくどいので、その造型は独特で、切断面が多く、その象徴的な八角形の表圏でカット成型後、必要ななじゅう道手仕上げ工程に8つのベベルを磨くと研磨、単体構造の殻、プレス工程表後はまだ必要で44工程つや消し処理完成し、「セラミック素材後にもっと職人達が高度な忍耐と熟練の技になった。
昨年発売オーデマピゲロイヤルオーク万年暦腕時計、今年は発売した黒いセラミック項(型番:26579CE.OO.1225CE.01)、さらに豊かになったその万年暦表項シリーズ。41ミリの黒いセラミックケース内、ダークグレーの「Grande Tapisserie」大チェック装飾文字盤に、日付曜日、月、天文精確月相、文字盤外回り曜日表示機能や万年暦の本質をはっきり表示が最もうるう年が現れ、透過防眩光処理サファイアクリスタルガラス底蓋、装着者すくうことができるこの自給ムーブメントの機械の美。

カテゴリー: スーパーコピー時計情報 パーマリンク